2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2009年11月29日 (日)

子育てママの自分育て講座 ~パネルディスカッション終了~

子育てママの自分育て講座の1回目が終わりました。

 

参加者のみなさん、お越しいただきありがとうございました。

パネラーのお二人も本音でお話しいただき、

ありがとうございました。

スタッフとしてお手伝いいただいたkさん、

ありがとうございました。

     

参加者のみなさんの感想です。(一部掲載させていただきました。)

・パネラーが身近に感じられ楽しかったです。

・今日から少しの間、家族に優しくなれる気がしました。

・参加してよかったです。愚痴を言う前に行動します。

・途中でお茶とお菓子が出て、みんなで話しができて、和やかでした。

・全体的に分かりやすく、気持ちが前向きになるひとときでした。

・参加者の話も聞くことができてよかったです。

・パネラーが魅力的で楽しかったです。

・元気をいただきました。

・手帳の活用法が分かりやすかったです。

・自分を大切に(愛して)、自分を信じて突き進まれるパネラーのパワーを感じました。

・焦らずにゆっくり将来を考えていこうと思いました。

・自分を少しずつ変えていければと思いました。

・キラキラしたパネラーのお話を聞くことができて、目標ができました。

 

土曜日の午前中の貴重な時間

「参加してよかった~」と思っていただきたかったので

「あーでもない、こーでもない」と智恵を絞りました。  

    

2009112908460000_3   

 

 

 

 

 

 

 

 

資料にも1人ひとり違うシールを貼ったり♪

  

一般的に、パネルディスカッションに参加すると、

パネラーの話しを聞いて、

賛成も反対も「自分はこう思う」ということを

そのまま持ち帰る場合が多いので、

今回は参加者の方にもお1人ひとこと発信をしていただき、

パネラーとの交流の時間をとりました。

  

「パネラーのお話しはもちろん、参加者の方のお話しもよかったです。happy01

sweat02をこらえるのに必死なくらいsweat01共感しました」

という嬉しいメッセージもいただき、

主催者としてはほっとしましたが、

時間の制約があり、順番が最後のほうの方には

お時間を十分にとることができなかったことが残念でした。

時間配分もコーディネーターの仕事の一つです。

    

ここ10日くらい不眠不休だったので、

終わったらゆっくり寝ようと思いつつ、

コーディネーターとしては、力不足で反省点ばかり・・・。

終わったら終わったで自分自身の反省会でまた眠れませんでした。

 

デジカメを持っていったのに、1枚も写真をとらなかったことに

終わってから気付きました。あ~、もう遅い wobbly 

    

次回(12/3)は私が「女性のキャリアデザイン」というテーマで講師をいたします。

立ち止まって考える暇はなく、

反省しつつも

気持ちはすでにNEXT。

次に向かって走り出していました。

2009年11月26日 (木)

子育てママの自分育て講座 いよいよ・・・

本気でやっている・・・つもりだった。

まだ、できる。

もっと、できる。

少しストレッチした目標をもつと

まだ、できるんだ。

  

前も後ろもわからなくなるくらい 

迷っても、止まっても

一瞬だったらいいんです。

ずっと止まらないようにするために

一緒に一歩踏み出しませんか!

 

子育てママの自分育て講座は

いよいよ土曜日(11/28)開講です!

 

託児は締め切りましたが、

若干、席があります!

お急ぎくださいませ~airplane

2009年11月20日 (金)

『子育てママ』って?

「子育てママの自分育て講座」

んっ?・・・

分かりにくいんです。(ごめんなさいsweat01

 

「中学生の子供がいるけど、私って子育てママなの?」

「働きたいけど、ブランクがあるから大丈夫かしら?」

「とにかく今、迷っているんです」 

 

自分のキャリアを考えていて

ちょっと一歩踏み出したいと思っている方、

このパネルディスカッションは必見です。

土曜日の午前中、寝過ごすのはもったいない!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

11/28(土)10:00~12:00

会場:高宮駅降りてすぐのアミカス2階です。

受講費:500円(託児は別途)

 

とにかくパネラーが熱いんです!

・キレイ堂 香川裕子さん

・イール 藤岡章子さん

・弁護士 中村伸子さん

・ママクラッセ 桑野優子

 

優しくheart、厳しくthunder、美しくshine

きっと「私にもできるpunch!」というヒントをくれるはず。

 

お申込み、お問い合わせはこちらへ

→ eiko@lereve-dream.com(白梅英子まで)

2009年11月14日 (土)

間に合います! 【子育てママの自分育て講座】

11/28開講 子育てママの自分育て講座は本日が締め切りですが、

まだ若干余裕があるので、開講ギリギリまで締め切りを延長いたします!

(全部受講できず、受講を諦めている方はぜひご相談ください。)

 

11/28のパネルディスカッションのパネラーのお二人に

熱いメッセージを発信いただき、コーディネーターとして

みなさまにより楽しんでいただくために燃えています。thunder

 

■キレイ堂 香川裕子さんのブログは

こちら→        

■イール 藤岡章子さんのブログはこちら

 

ブログを拝見すると、その人なりがよく表れていて

絶対ファンになってしまいますよ! 

 

今回のパネルは福岡で活躍する子育てしながら働く女性の

最強のパネルディスカッションではないかと密かに言われています。

パネラーはとても知性的な方々なので、

相手には一定の敬意は払いながらも、伝えるべきことは真摯に伝える。

言い分は真っ向から対立したとしても、人間性まで否定しない。

そんな大人なディスカッションが期待heartできます。

2009年11月 3日 (火)

お知らせ 「子育てママの自分育て講座」

今年も「子育てママの自分育て講座carouselpony」を開催します!

1回目(11/28)は福岡で活躍中の女性を招き、

パネルディスカッションをいたします。

パネラーは・・・

キレイ堂 代表取締役 香川裕子さん

イール 代表 藤岡章子さん

弁護士 中村伸子さん

色楽 桑野優子さん

コーディネーターを私、白梅がいたします。

 

パネラーは全員、母であり、仕事を持つワーキングマザー。

ワーキングマザーの実際の生活、時間の使い方、失敗談など

それぞれの共通点や相違点について本音でトークします。

 

2回目(12/3)は「女性のキャリアデザイン」

3回目(12/10)は「好感度アップのオフィシャルファッション」

4回目(12/17)は「プレゼンテーションスキルを磨く」

この講座は2009年アミカス市民グループ活動支援講座に認定されたので、

託児つき(有料)で受講料も1回500円とリーズナブルです。

 

子育て中のママのための

「母であり、女性である自分と向き合う講座」です。

お問い合わせ、お申込みはこちらへ → eiko@lereve-dream.com

2007年7月12日 (木)

産んでいる国フランスの子育て事情

私は26歳のときに結婚した。

もともと仕事が大好きだったので、結婚して仕事を止めるなんて考えなかったが、

今までの自分のことだけを考えれば良い生活から、

夫の夕食のことやワイシャツをクリーニングに出して取りに行かなければならない

ことなど、自分のこと以外のことを気にしなければならない生活に慣れるのに

時間がかかった。

子供が生まれてからは、子供中心の毎日で、もっと自分の時間なんて取れないことが

ストレスになった。

しかし、時間の大切さがわかり、自分の時間を捻出するために工夫することも覚えた。

 

「あのまま自分のことだけ考えて突っ走っていたら、どうなっていただろう」と

考えるとちょっと怖いが、家庭という一番小さな組織で学ぶことが

一番自分を成長させてくれたと思う。

  

7月11日の日経新聞に「フランスの子育て事情」についての記事が載っていた。

  • 子供がいても大人の事情がまず優先。託児所に預け、夫と食事や観劇に出かけたりする。
  • 法律で定められた週35時間労働。学生バイトとしてベビーシッターが一般的であるほど託児先が充実している。
  • 出産にまつわる支援が手厚い。公立病院は出産費用は無料。不妊治療の無料化。痛みが少なく回復が早い無痛分娩が主流。

日本の子育て中のママさんは「羨ましい・・・」が本音だろう。

 

このように

「フランスでは子供を産むか産まないかで経済的にも、時間的にも母親の生活の変化は

少ない。フランスの少子化対策は「母親を楽にするための対策」なので、

ママたちも子供が欲しいと思えるのではないか」と書いてあった。

  

日本の子育て事情も私が産んだ11年前に比べると良くなっていると思うが、

「人生楽しんでこそ」が基本。

子育てで大変なママたちのサポートが少しでもできたらと思う。

日本がもっと子育てを楽しむことができる国になると、

虐待も減り、出生率も上がり、少子化という深刻な問題をクリアできるのだろう。