2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年9月15日 (木)

曼荼羅の意味

今朝の致知のメルマガで
 
曼荼羅が何を意味するものか
 
知ることができました。
 
共有します。



高野山真言宗の前管長 松長有慶さんが

 
分かりやすく解説されています。
 
 
 
 
以下、抜粋しました。
-------------------------------------------------------


曼荼羅は、多面的な価値観の
象徴なんですね。


21
世紀のいまの社会は、
何かにつけて
一元的な価値観が最優先されます。
グローバリゼーションというのは、
まさにそれでしょう。

邪魔者は切り捨てろと言わんばかりに、
一つの目標に一目散に
突き進んでいるわけですが、
曼荼羅の世界観はその真逆です。


欠陥品や余計なもの、
邪魔なものを集めてきて、
一つの社会をつくる。

一つひとつを見れば欠点が多くても
全体を支える
掛け替えのない分担者であり、
それらが集まって
完璧な全体をつくり上げる、
というのが曼荼羅の世界です。


この考え方は、
人間一人ひとりのよさを生かし、
理想の世の中をつくる上では
非常に大事な思想だと思います。

---------------------------------------------------

空海はすでにこのころから
 
現在のような世の中になることを
 
予想していたのでしょうか?

いや、当時はまだ一人ひとりを受け入れようとする
 
心の広さを人々が忘れていなかったのではないかと思いました。
 
ダイバーシティに取り組み最先端だと思っている企業も多いと思いますが、
 
空海はそのころから思想をもっていたということですね。
 
ますます、知りたくなる人物の一人です。

2016年9月13日 (火)

昔の上司は…

Photo

先日、ある企業の秘書の研修をしました。

秘書課がある会社は少なくなったので、久しぶりの研修でした。

最初に就職した銀行で先輩方に教えていただいたことは、
 
30年たった今でも覚えていますし、
 
今の仕事のベースにもなっています。
 
 
 
昔は先輩が後輩へ、上司が部下へ「教える」ということが
 
当たり前だったような気がします。
 
それだけ余裕があったからかもしれません。
 
そして、上司や先輩から教えていただくことは、
 
仕事のことだけではなく、趣味や遊び、
 
人生の先輩として、たくさんのことを教えていただいたと思います。
 
 

たとえば、昔はワインにものすごく詳しかったり、
 
鉄道ファン(敢えて、オタクという言葉はありませんでした(笑))であったり、
 
スーツにこだわるオシャレな方もいらっしゃいました。
 
時計好き、歴史に詳しかったり、海外経験が豊富だったり
 
本当に仕事中は仕事の話が中心になりますが、
 
歓送迎会などでご一緒すると、仕事以外の一面が見えて
 
とても魅力的な方が多かったと思います。
 
 
現在、私はそのころの上司の年齢になりましたが、
 
果たしてどうでしょうか?

何となく薄っぺらなような気がします。
 
周りを見渡してみても、会社の仲間と飲みに行く機会も減り、
 
飲み会も仕事の延長の話が多いような感じがするのです。
 
 
部下に尊敬されるためには、仕事の能力だけではなく、
 
やはり人間力が必要です。
 
もっと知性や教養を身につけなくてはいけないと
 
改めて思いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年9月 6日 (火)

気分も新たに 9か月ぶりの更新です!

1月から9か月ぶりの更新です。

季節も冬から春、夏、秋の気配も少し感じられる頃となりました。

  
FBばかり更新しており、ブログがおろそかになっていました。

また、お局チックにつぶやきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年12月 »