2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 男はつらいよ | トップページ | 世間話が苦手な方へ »

2015年11月19日 (木)

Iメッセージを使って伝える

ビジネスにおいては、ストレートに言ってくれた方が助かります。
 
「察して欲しい」は疲れるんです。
 
でも、伝え方に配慮は必要です。

  
 
「~してくれると(私は)助かります」
  
これをI(アイ)メッセージと言います。
 
「~してください」と言われると、何となく命令されているような感じがします。
 
電話をかけて欲しいときに使うと
 
「よろしければ、お電話をかけていただければ助かります!」
 
こんなメッセージが留守電に入っていたら
 
いかがでしょう?
 
ビジネスをスムーズに進めるために、
アサーティブな伝え方を研修で伝えています。
 
 
ちょっとしたコツを身に付けて、
 
普段言いづらいことも言えるようになりませんか?
 

« 男はつらいよ | トップページ | 世間話が苦手な方へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Iメッセージを使って伝える:

« 男はつらいよ | トップページ | 世間話が苦手な方へ »