2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 一筋縄ではいきません! | トップページ | 仕事にセクシーはいらない »

2015年6月30日 (火)

若者言葉に染まらない!

Ilm14_bl01019

30代の知人と話をしていたら、

「最近、30代、40代の大人が若者のような言葉を使っていませんか?」

という話題になった。

   

「まじ、むかつく」

「子供たちにガン見された」

「超うざー」
 
「ガチでやる」
 
 
中高校生の保護者と話していると、よく耳にする。
 
お友達のような会話をする親子が当たり前になったとは言え、
 
子供たちが使っているイマドキ流行りのあまり美しくない言葉を
 
親も一緒に使わなくてもいいだろう。
 
   
「うざい」は「うざったい」が変化したのだと思うが、
 
私の学生時代はまだ周りに使う人はいなかった。
 
「良い意味を示す言葉ではない」「美しくない」という理由で、
 
我が家では家で使うことは禁止している。
 
(友達同士の会話では使っていると思います)
 
  
 
他にも
 
「かむ」「かみかみ」
 
「どんびき」「ひく」
 
「何気に」
 
「凹む」
 
「かぶる」
 
「いけている」「いけていない」
 
 
これらは「せめて私は使わない!」と思い、
 
別の言葉に置き換えて使っている。
 
ただ、会話を事例に出すときなどは、
 
そのまま使った方が状況がよく分かるので
 
意識的に使うこともあるが・・・。
 
  
話し言葉にその人の教養や知性は表れるもの。
 
言葉は環境。
 
母国語はmother tongue と言い、
 
親(とくに母親)は先生である。

 

組織の場合はリーダーと話せば、
 
言葉遣いで組織のレベルはだいだい分かる。
 
言葉を使い流さないで、
 
世界中の国から「美しく、難しい」と言われる日本語を
 
残したいと思いませんか?
 
私よりも10歳以上若い知人も同じような価値観だったので
 
とても嬉しくなった。
 
 

« 一筋縄ではいきません! | トップページ | 仕事にセクシーはいらない »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43487/60565500

この記事へのトラックバック一覧です: 若者言葉に染まらない!:

« 一筋縄ではいきません! | トップページ | 仕事にセクシーはいらない »