2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 靴の脱ぎ方と自転車の止め方 | トップページ | ひかり・・・ »

2014年5月25日 (日)

親父の片思い

八代亜紀の歌ではないが、

親父は頑固なほうがいい。

親父は無口なほうがいい

と思う。

というのは、最近の親父はとってもフレンドリー。
とくに娘を持つ親父は娘LOVEである。
それを隠さず、表現するのはすごい!
 
 
単身赴任でも週末娘に会うために
交通費を捻出して一生懸命に帰ってくる。
娘は一言
「帰ってきとったと?」
 
「ちかいー」
「ムリ」
と言われてもめげない。
どうやら親父は片思いのようだ。
 
 
私には超反抗期があり、
とくに父とは口をきかない時期もあったので、
不思議な感覚である。
娘たちの親父に接する態度は
とても優しいというか、
うまくつきあっている。
 
 
たまに
「お父さ~ん」と呼んだかと思うと、
「これ持って帰って」と荷物を渡している。
昔の親父だったら、
「荷物ぐらい自分で持って帰れ!」と
激怒していたと思う。
しかし、今の親父はニコニコしながら
「はい」と素直に持って帰る。
 
私は女系家族(祖母、母、妹2人、父親以外は全員女)で育ったが、
父親は決して娘の機嫌を伺ったりすることもなく、
無口だが、岩のように存在感のある存在だった。


「よそはよそ。うちはうち」と我が家ルールを勝手に作り、
鳴り響く。
携帯電話がない時代、ボーイフレンドから自宅に電話があったら
「どちらさん?」と無愛想に言って、追い払おうとする。
 
最近、こんな親父はほとんど見かけない。
昔ながらの親父は今や絶滅危惧種なのかもしれない。
もちろん、親父と娘が仲がいいに越したことはないが・・・。
 

« 靴の脱ぎ方と自転車の止め方 | トップページ | ひかり・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43487/56309648

この記事へのトラックバック一覧です: 親父の片思い:

« 靴の脱ぎ方と自転車の止め方 | トップページ | ひかり・・・ »