2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 何のために生まれて 何をして生きるか | トップページ | 小春日和 »

2013年10月30日 (水)

便箋

私の子供の頃は、メールなんてありませんでした。

だから、手紙を書いて、お友達と手紙の交換をしたものでした。

かわいい絵のついた便箋が欲しかったのですが、

なかなかお小遣いでは買えませんでした。

サンリオのパティー&ジミー、キキとララ(懐かしい!)、キティなどの

キャラクターの便箋を持っている友達が羨ましかったです。

 

中学生になると、

授業中、先生の目を盗んで

ノートに手紙を書くようになりました。
 

手紙の折り方に流行があり、

ちょっと変わった折り方ができると、

人気者になれました。

社会人になって、手紙を書くときは、

ほとんどパソコンを使うようになりましたが、

たまに手書きのお礼のお手紙やはがきをいただくと

とても嬉しくなります。

 

自分自身もお世話になった方に、

なるべく早くお礼や感謝の気持ちを伝えるために、

日頃からハガキや便箋をバックのなかに一式入れています。

(いろいろ持ち歩くので、私のカバンはいつもパンパンに膨らんで

「筋トレしているの?」と聞かれます 笑)

 

季節の花の絵の便箋やハガキを購入することが多いのですが、

今回は良質の紙にリボンと花束がデザインされた白い便箋と

越前和紙の縦書きのハガキ箋を購入しました。

 20131030_093325_2

アクロス福岡1階のジュリエットレターは、

私の大好きなお店です。

子供の頃は、なかなか買えなかった便箋を

今はたくさん買うことができるので、

時間があると立ち寄ります。

 

手書きするときにもう少し文字がきれいならばいいのですが、

心を込めて、相手の方が読みやすいように

書こうと思っています。 

 

最近、「就職の提出書類に添える添え状を便箋に書きましょう」

と言ったら、「便箋ってなんですか?」と質問され、

がっかりしました。

それだけ、手紙を書く機会は減ったのでしょうね。

だからこそ、印象に残るのは手紙かもしれませんよ。

« 何のために生まれて 何をして生きるか | トップページ | 小春日和 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

手紙は大事だと、生き方を指南する書籍は大体書いてあります。わたしも書くことをがんばろうとすると、漢字を覚えていなかったりするのでなかなか書き進めません。そこでパソコンで文章を組み立て、手書きで書くようにしています。清書になにるので、気分が文字にストレートに表現できないのがいいことではありませんが、書き直しと見直しができるので私にあっています。封筒など相手を思って選ぶことは楽しい時間でもあります。

手島さん

コメントありがとうございます。
パソコンで作成した後に、手書きで書かれた手紙は、やはり何度も見直しができるので、
きっと受け取った相手にも心が伝わることでしょう。
漢字を忘れることが多くなった昨今、
私もやってみようかなと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43487/53768109

この記事へのトラックバック一覧です: 便箋:

« 何のために生まれて 何をして生きるか | トップページ | 小春日和 »