2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« おもてなしの意味 | トップページ | 接遇コンシェルジュ誕生 »

2013年9月23日 (月)

カステラと新札

人にお金を渡すときは、できればきれいなお札で渡したいものだ。

くしゃくしゃのお札でもお金には変わりないと言われればそれまでだが・・・

 

たとえば、結婚のお祝いを包むときは、銀行で新札に両替をしてもらう。

しかし、気づいた時には銀行の窓口が閉まっている場合もよくある。

それに、最近は、両替に手数料がかかる場合もあるので、

新札が偶然手に入ると何となく嬉しくなる。

 

昨日、私は仕事に長崎へ行った。

長崎は学生時代を過ごした町である。

20数年前になるが(びっくり!)、

実家に帰るたびに、長崎名物のカステラを買って帰った。

今はいろいろなお店があるが、当時はカステラと言えば福砂屋。

カステラの底のザラメが残っているところが大好きだ。

 

 

友人とはじめて福砂屋本店にお土産のカステラを買いに行ったのは、

18歳だった。カステラを選んで包んでもらうときに

熱いお茶がでたり、たぶんこの時からお釣りを新札でくれる

丁寧な接客に驚いた。

 

昨日も、本店ではないが、お土産に福砂屋のカステラを買った。

最近は、パッケージも工夫され、さらに食べやすく個別包装の商品も作られている。

お金を払って、カルトンにきれいに並べられたお札を見て

「今も新札でお釣りを準備されているんですね」と思わず口に出してしまった。

そうすると、ベテランの店員さんが

「ありがとうございます。お客様に喜んでいただくために、

私たちができることはこれくらいですから」とニッコリ。

「きれいなお札は嬉しいですよ」と言うと、

「いつもありがとうございます」とお辞儀をされた。

 

今回長崎に到着したときに、タクシーに乗ったが、

「○○町の○○(会社名)までお願いします」と言うと、

「お客さん、私わからないので、案内してください」と言われ、

「私、福岡から来たんですけど・・・」と思わず言ってしまった。

カーナビをセットして連れて行ってくれたけど、

カーナビをセットするのが面倒だったんだろう。

「観光地なのに最悪だ!」と思ってしまった。

 

しかし、最後が良かったので最初の出来事を忘れていた。

良いサービスはマネするところも多いが、

ずっとし続けることこそ、大変なことだと思う。

 

自宅に戻り、渋ーいお茶を淹れて、

食欲の秋(笑)

20130922_194253

« おもてなしの意味 | トップページ | 接遇コンシェルジュ誕生 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43487/53358257

この記事へのトラックバック一覧です: カステラと新札:

« おもてなしの意味 | トップページ | 接遇コンシェルジュ誕生 »