2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« インプットして満足したらダメ! | トップページ | キーワードはチャーミング »

2013年6月 4日 (火)

能狂言鑑賞

2013年6月4日24号

 

娘の高校の行事として、能狂言鑑賞会がありました。

祖母が能を習っていたので、

身近ではありましたが、

子供の頃はとっても退屈なものに感じていました。

しかし、今回は父母も希望者は参加できるということ。

なかなかこのような機会はないので、参加することにしました。

 

 

能狂言について、少しインターネットで調べてみました。

「日本の古典歌舞劇。能と狂言を総称して能楽という。

平安時代の猿楽を源流として鎌倉時代に成立したのが能、

猿楽本来の笑いを取り込んだせりふ劇を狂言という。

両者は猿楽の名称で併演されてきたが、

明治以降に能と狂言に分かれた。」

(コトバンクより)

 

「狂言は喜劇、能は悲劇」くらいしか知識がなく、

日本人なのに日本の文化を知らず

恥ずかしいのですが、

解説付きで基礎から教えていただいたので、

大変勉強になりました。

 

 

「日本文化は漫画、アニメ、カラオケだけではありません。

海外の方にも日本の文化として能狂言を伝えてください」

「芝居は舞台が整ってから始まりますが、

能は何もないところから始まって、何もなくなって終わる。

最初から最後まで全部見せるところが違います」

と専門家がおっしゃったところが印象に残りました。

 

 

狂言を見て、高校生たちが笑っていました。

言葉は完璧にはわかりませんが、

表情やジェスチャー面白さは十分に伝わっていました。

本物は素晴らしいものなので、時代を超えて、受け入れられるのでしょう。

 

日本の文化の素晴らしさを感じ、

今週は歌舞伎を観に行くので、

さらに楽しみになりました。

梅雨の爽やかな晴れ間にぴったりな鑑賞会でした。

« インプットして満足したらダメ! | トップページ | キーワードはチャーミング »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43487/51908165

この記事へのトラックバック一覧です: 能狂言鑑賞:

« インプットして満足したらダメ! | トップページ | キーワードはチャーミング »