2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年  明けましておめでとうございます | トップページ | 成人式に思ふ »

2013年1月 8日 (火)

スポーツと礼儀正しさ

5年前の1月2日、たまたまテレビで東洋大1年生柏原選手の箱根駅伝での

快走を観てから、毎年箱根駅伝が楽しみにになった。

今年は柏原選手は卒業してしまったが、

私の実家でお正月を祝いながら

箱根駅伝を観た。

 

結果は日体大が30年ぶり10回目の優勝。

3年生主将が山上りを制し、優勝に導いた。

 

マラソンは人生にたとえられることも多い。

今年のコンディションは悪く、

低体温と脱水で残念ながら襷が途切れたチームもあった。

約20キロの距離を私が走るのは命がけだと思う。

 

 

「20キロ走ってみろ!」と言われたら、

走れないかもしれないことを前提に伝えたいことがある。

それは、ゴールしたあとぶっ倒れる選手が多いこと。

以前はゴールと反対方向を向いて、

お辞儀をして去る選手もいたが、最近はほとんど見かけない。

全力を尽くしたことはよくわかる。

しかし、次に走る選手の邪魔になる場合もある。

 

 

 

今回も活躍した外国人選手は、

倒れることもなく、淡々としている。

社会人でも市民ランナーの川内選手のゴール後

倒れる様子をみて、かっこいいとは思わなかった。

(最近、彼は倒れなくなった。その分、強くなったのだと思う。)

 

 

スポーツは礼に始まり、礼に終わる。

ラグビーのノーサイドのように、

勝負した後は相手を称える精神が紳士的で大好きだ。

 

一緒にテレビを観ていた義弟も言っていた。

(彼は剣道7段。高校で剣道を指導している教師である。)

「剣道でもどんなにボロ負けして悔しくても、ふて腐れてはいけない。

試合終了後は、開始線まで戻り、中段に構えて蹲踞(そんきょ)をし、

竹刀を納す。

そして、立ち上がって帯刀をし、そのまま後ろへ下がり、

提刀をし、礼をする。

そして、相手を見ながら後ろへ下がり場外へ退場。

最後まで、きちんとしなかったら物凄く怒ります!」と。

剣道は武士道なので、当然礼儀には厳しい。

勝ってガッツポーズしたら反則負けだそうだ。

 

 

 

監督にお願いしたいことがある。

勝負は勝つことも大事。

しかし、礼節をおろそかにしてはいけない。

礼節を守ることの美しさや格好よさも教えてほしいのだ。

松井やイチローなどの超一流選手は、

ヒットを打ってもガッツポーズしたりしない。

淡々としている。そこがカッコいい!

 

 

 

 

スポーツ選手にとって、学生時代にどんな指導者にで会うかで

その後の生き方が決まる。

野球の松井秀喜選手の場合は星陵高校の山下監督。

水泳の北島選手の場合は平井伯昌コーチというように・・・。

技術や記録だけでなく、人間として尊敬される選手になって欲しい。

それが同じ日本人としての誇りになる。

 

 

 

話は変わるが、 

同じマンションに野球少年がいる。

彼は早起きして、毎朝公園で素振りをしているようだ。

みんなが寝ているときに練習をするということは素晴らしい。

しかし、練習の後、スパイクに砂がつくのはしょうがないが、

共有の廊下がいつもざらざら。

エレベーターが我が家の玄関の前にあるので、

我が家の玄関もざらざらなので、たまに掃除をしている。

 

 

 

今度あったら彼に伝えたいと思っているが、

彼は朝早起きなので、なかなか会うことがない。

「うるさいおばちゃん」と思われるかもしれないけれど、

それもお局さんであり、大人の役目である。

早起きして努力しているので、超一流選手になってほしいし、

別に怖くて泣かせたりしないので・・・(笑)

« 2013年  明けましておめでとうございます | トップページ | 成人式に思ふ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、ずっと以前から会社で実行しようと思いながらも
実行できないでいることがあります。
『現場に入るとき、出るとき一礼をする。』
スーパーの店員さんがやってるのを時々見かけます。

27歳の時、ぼろくずのような私を先代の社長に拾っていただいてもうすぐ30年。
育てていただいた、まさに道場がこの現場なのです。
もちろん生活の糧のすべてがここにあります。
お客様に納める大切な製品が並んでいます。
礼儀を尽くして当たり前。

しかし、うちの会社、そういうことをやると「浮く」んですよね。
冷やかされる、変人扱いされる、挙句にゴマすりと陰口をたたかれる。

ずっと躊躇しています。

でも常識や周りの目にとらわれていては飛躍はないんですよね。

タイムリーなこの時期、先生に背中を押された。
勇気を出して実行します。
まずは朝と終業時。
最終的には全社員に拡げ、仕事に対する感謝、物を大切にする心、
そして何より顧客満足へとつなげていくことができれば・・。

年頭の私の決意と夢であります。
今年もがんばります。
先生もお体大切に。


せいにいさん

コメントありがとうございます!

少しだけ私も背中を押すことができたのではないかと、嬉しい気持ちでいっぱいです。

せいにいさんの感謝の気持ちと
態度は同僚やお客様に伝わると思いますよ。

きっと、きっと見ている人がいます。

自分がやりたいと思ったことを
人がどうのこうのではなく、
まずやってみることに意味がありますので、私は応援しています!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43487/48584703

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツと礼儀正しさ:

« 2013年  明けましておめでとうございます | トップページ | 成人式に思ふ »