2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 若者たちから学んだこと | トップページ | 1番が好き。。。 »

2012年9月13日 (木)

本当に相手のことを理解しているのか?

「相手の立場に立って」ということは、

「相手の心を察して」「相手の身になって」と

口では簡単に言うが、とても難しいものだ。

 
というのは、娘が足首の靭帯が切れて、3週間ほど

松葉杖を使って、私もサポートしながら

普段は全く感じないことに気づいた経験をしたからである。

  

まずは、松葉杖を使うと両手が塞がるので当たり前かもしれないが

カバンが持てない。部活動用の大きなリュックがあったので、これは助かった。

学校で売店に買い物に行きたくても、

財布が持てないので友人がついてきてくれたそうだ。

  

一番困ったのは学校の最寄りの駅(西鉄朝倉街道駅)にエレベーターがないこと。

私も毎日車で送り迎えはできないので、

電車で通うためのシミュレーションをしてみた。

自宅の最寄りの駅(西鉄平尾駅)は新しい駅なので

上りも下りもエレベーターがあるので問題ない。

しかし、朝倉街道駅は下りの場合は、改札のすぐ近くに電車が到着するので問題ないが、

上りは線路を渡らなくてはいけないので、

エスカレーターと階段を使わなくてはならず、

どう考えても松葉杖では無理!

  

駅員さんに思い切って「松葉杖の人はどうしているんですか?」と聞いてみたら、

「電車を利用する15分以上前に連絡をしてくれると他の駅から応援の職員が来るので

対応できる」とのことだが、「15分以上前」という言葉を聞いただけで

利用するのをあきらめてしまった。

ちなみに来年の春にはエレベーターが設置される予定だそうだ。

運が悪いと思ってしまい、反対にがっかりした。

   

結局、近くのエレベーターがある 駅(西鉄二日市駅)までタクシーで行って、

電車を利用することにした。

しかし、利用してまた、いろいろなことに気づく。

西鉄二日市駅は西口、東口の二つの入口があるが、

東口にしかエレベーターがないのだ。

知らずに上り電車のホームに西口のほうが近いので、

わざわざタクシーを西口につけてもらったのに、

「もしかして・・・」と急に不安に思って、私だけタクシーを降りて、

下見をしてみたら、西口にはエレベーターがないので、

エレベーターを利用するときは、

必ず東口から乗り降りしなくてはならないことに気付いた。

タクシーに戻って娘に告げると

「よかった。一人だったら東口までまた行かないといけないので

相当がっかりして、めげるよね」とつぶやいた。

タクシーの運転手さんは、とても親切で

「知らなくてごめんね」と言って、東口までメーター倒さずに連れて行ってくれた。

   

また、二日市駅にはエレベーターがあるが、

エレベーターまでの距離が遠く、

狭いホームを歩かなければならないので

ラッシュ時などは人にぶつかってホームに落ちそうでものすごく怖い。

実際にぶつかって、ごめんなさいも言わずに

走り去った女性もいた。

何ともないのにエレベーターを利用している人もいる。

エレベーターは何かしら弱者のために設置されている

のだと思うが、平気で乗り降りしている人がいる。

  

何か間違っている。

本当はハンディがある人が優先ではないか。

危なくないようにサポートするのは、

何ともない私たちの役目なんじゃないか。

  

他にも困るのは、電車に乗るときにホームと電車の距離が広いと

松葉杖が落ちそうでとても怖いそうだ。

雨の日はもっと最悪。

傘がさせないので濡れるしかない・・・。

  

最悪な松葉杖生活のようだが、

良いこともたくさんあったそうだ。

「どうしたの?大丈夫?」

学校では話をしたことがない友達も心配して声をかけてくれてくれた。

先生方も毎日声をかけてくれて、

授業を習っていない先生からも覚えられた。

松葉杖で歩いていると目立つので嫌だったこともある。

しかし、ドアを開けてくれたり、荷物を持ってくれたりして

人の優しさに触れて、嬉しかったそうだ。

そして、「脚が悪い人がいたら、思っていたよりたいへんだったらから

絶対助けようと思った」という言葉を娘の口から聞けて何よりも嬉しかった。

二度と起こってほしくない経験だったが、

彼女にとって、貴重な経験になることには違いないだろう。

  

相手の立場に立って、理解するということは本当に難しい。

相手を分かったように自分が感じているだけではないか?

もっと深く理解できるように、表面だけでなくもっと深く感じる必要がある。

私自身も貴重な経験をさせてもらった。

 

■ 3週間ともに過ごした松葉杖↓

P1000306

■ 現在はギプスにゴムの踵をつけてもらいリハビリ中↓

P1000312

« 若者たちから学んだこと | トップページ | 1番が好き。。。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かに怪我はして欲しくないですが、とっても貴重な経験ですね。相手の気持ちが解ればイジメも無くなるんですが…

はまさん

コメントありがとうございました。
おっしゃるとおり。いじめもそうですよね。
最近は「いじめ」←ひらがなでやわらかいものではなく犯罪レベルです。
心が痛みます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43487/47059886

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に相手のことを理解しているのか?:

« 若者たちから学んだこと | トップページ | 1番が好き。。。 »