2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 感謝状 | トップページ | 本当に相手のことを理解しているのか? »

2012年9月12日 (水)

若者たちから学んだこと

「最近の若者はつまらん」と言っている大人たちも多いが、

私は最近、若者たちから教えられることがとても多い。

 

 
娘がケガをしてから、学校へ車で送って行く機会が多くなった。

学校のなかに車が入ってくると学生たちは立ち止まり、足を揃えて、

車のなかの私に目を合わせて「おはようございます」と挨拶をするのだ。

なかでも自主的に朝練しているサッカー部やラグビー部の学生は

お辞儀のお手本のようなお辞儀をしてくれるのだ。

ラグビー部やサッカー部は強い。

部員も多い。100名近くいる大所帯だそうだ。

強い部活だから練習も厳しい。

そして、同じくらい礼儀やマナーについても

厳しく躾けられている。

ちょっと感動するくらいに礼儀正しいので、

私は社会人になってもそのままでいてほしいと切に願うのだ。

 

先日(9/9日曜日)は、体育祭が開催された。

娘は松葉杖なので、競技には参加できなかった。

その分、座ってできるブロック別の応援合戦のパネルは一生懸命にがんばっていた。

午後一番の競技、部活別リレーのために部活のユニフォームの着替えて

部活動をしている学生の行進があったが、

一生懸命に腕を振って「いちにー、いちにー」と元気な声をかけて

歩く姿はただひたすら純粋である。

 

若者たちは「行進なんて『うざ』」とか『だる』とか言っているのかな」と

思っていたが、でも、思っていたらそれが態度に現れるから、

ただ一生懸命に、全力でやっているに違いないだろう。

 


数日前に若手というより、管理者、リーダーなどのベテラン対象の研修を

行ったときに、実習でちょっと手を抜こうとしたり、ディスカッションでも

まだ時間があるのに誰かの意見にまとめたりして、

「まだまだ本気だせばやれるでしょう」と感じる場面が多々あった。

 

今年はオリンピックイヤーだった。

スポーツはたくさんの感動とパワーを与えてくれた。

日本は38個のメダルを獲得したが、

ほとんどのメダリストたちは「ゆとり世代」と言われる世代の若者たちである。

 

体育祭でも手を抜かずに走り、声を出し、全力で何事にも向かっていく姿勢は

爽やかで、格好いい!

会社でも「ゆとりだから」と若者たちを批判する前に、

これだけ一生懸命にできる若者たちの姿勢を

私どもは逆に見習わなくてはいけない。

« 感謝状 | トップページ | 本当に相手のことを理解しているのか? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43487/47051785

この記事へのトラックバック一覧です: 若者たちから学んだこと:

« 感謝状 | トップページ | 本当に相手のことを理解しているのか? »