2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 百花繚乱 | トップページ | 若手のビジネスパーソンにおすすめの本 »

2012年4月23日 (月)

Dialog in the dark(ダイアログ・イン・ザ・ダーク)

P1000107

久しぶりに上京。

一泊二日の限られた時間のなかで

以前からぜひ一度体験したいと思っていた

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」に行ってまいりました。

 

ダイアログ・イン・ザ・ダークとは・・・

P1000111

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、まっくらやみのソーシャルエンターテイメントです。

 

参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、何人かとグループを組んで入り、

暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障がい者)のサポートのもと、

中を探検し、様々なシーンを体験していきます。

その過程で視覚以外の感覚の可能性と心地よさを思い出し、

そしてコミュニケーションの大切さ、あたたかさを再認識することになります。

  

(以上、リーフレット↑抜粋しました。)

 

まっくらやみのエンターテイメントというと

「うあー」「きゃー」「楽しそう!」と思いがちですが、

それだけではなく、もっと深い気付きがあり、

自分を見つめるよい機会になると思います。

 

最初は知らない者同士だった7名が暗闇のなかのバーで

語り合うときには、本当にコミュニケーションの素晴らしさや

人間の温かさを感じることができます。

 

人はそれぞれ違うけれど、真の意味で対等になれたときに

その人の本質が分かるような気がします。

 

このブログで感想を書きすぎると先入観を与えてしまうので、

ぜひ、興味がある方は体験してください。

 

私は視覚障がい者の教育に携わっており、

アテンドの仕事は彼らの雇用にもつながるので

ぜひ、福岡に誘致できないかと考えています。

 

最後に暗闇の中でみんなでハーブの種まきをしました。

(季節によって体験できる内容が少し違うそうです。)

ちゃんと福岡まで持ち帰りましたので、

水と日光を与えて育てます。

芽がでるのが楽しみです☆

 

P1000110_2  

 

« 百花繚乱 | トップページ | 若手のビジネスパーソンにおすすめの本 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

僕も体験したことがあります、この実習。
非日常の世界を体験するといろいろな気づきがありますよね。
僕の場合は目隠しでしたが、人との距離感をその時は学びました。
触覚や嗅覚、聴覚なども研ぎ澄まされますね。
こういう学びも大事だなと思います。

八矢さん

メッセージありがとうございます。
ダイアログインザワークは、光のない真っ暗闇の中で行うので、
さらに五感が研ぎ澄まされ、たくさんの気付きがありますよ。
上京の際はどうぞチャレンジしてみてください!おすすめです。

こんにちは。
私は、福岡で小さなダイアログ、インザ、ダークが行われたとき
アテンドとして参加したことがあるものです。
今年も福岡で小さなダイアログ、インザ、ダークをやろうかと、、言うお話があるみたいなのですけど?
もしも、福岡で行われると私も参加してみようかなって思ったりしてます。

しょうちゃんさん

コメントありがとうございました。
福岡でもし開催されるならば、
私ももう一度参加します!

お目にかかることができるといいですね。

初めまして。私もとても興味があります。福岡で開催されたらいいのに・・と思っています♫

一度、参加したいと思ってます。福岡で開催されたら、ぜひ、行きたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43487/44989139

この記事へのトラックバック一覧です: Dialog in the dark(ダイアログ・イン・ザ・ダーク):

« 百花繚乱 | トップページ | 若手のビジネスパーソンにおすすめの本 »