2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ここが違う!キャリアアップコミュニケーション ~ 伝える力 ~ | トップページ | そう思ったら・・・ »

2011年10月 9日 (日)

“or”ではなく“and”

「仕事と私、どっちをとるの?」

選択肢として二つを並べることで、私は愚かな女だと証明しているような気がする。

(←きつい? coldsweats01

確かに昔はそんな女性もいたのかもしれないが、

最近は男性が女性に「仕事をとるの?僕をとるの?」

言うらしいからびっくりする。

    

仕事においても

「メールで伝えるか、電話するか?」

どちらがいいか考えて、メールを送った。

しかし、返事がなかなか届かないので

「何かやらかした?」「伝え方がストレート過ぎたかな?」と心配になっていると

「メールが別のフォルダーに入っていて、チェックするのが遅くなりました」

と忘れたころ、返事が届くこともある。

急ぎの内容でないのでいいが・・・

 

確実は方法は、 

「メール or 電話」の二者択一ではなく、

「メール and 電話」。

  

最近よく耳にする「ワークライフバランス(WLB)」も、

「プライベートも充実させるために、仕事はさっさと切り上げて帰ります」

なんて、自分の良いように解釈している人もいて困る。

本当の意味は、

「仕事も生活もどちらも充実させることで、シナジー(相乗効果)を生むこと」 

なんだけど・・・。

 

集中してやって=成果を出して、それから休む

ずっと集中しすぎていると、疲れていつかは倒れてしまうから注意!

 

10月6日 スティーブ・ジョブズ氏が永眠した。

スタンフォード大学での卒業式のスピーチや

iphone、ipad発売時のプレゼンは

プレゼンのお手本のようにいろいろなところで取り上げられている。

だんだん痩せていくジョブズ氏だったが、

経営者にプレゼンスキルが必要だということを

教えてくれた功績は大きかったと思う。

 

日本でもアップルストアの前が献花台のようになっているのを

テレビの映像で観たが、

若者たちのジョブズ氏に対する認知度が高いことに驚いた。

(にわかファンもいるのかもしれないけれど・・・)

  

彼のスタンフォード大学でのスピーチの最後、

若者たちに贈った言葉

Stay hungry.(ハングリーであれ)

Stay foolish.(愚かであれ)

もちろん、これも接続詞を入れるとしたら“and”

この言葉は日本人である私たちに今、最も必要なメッセージなのかもしれない。 

« ここが違う!キャリアアップコミュニケーション ~ 伝える力 ~ | トップページ | そう思ったら・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43487/42396953

この記事へのトラックバック一覧です: “or”ではなく“and”:

« ここが違う!キャリアアップコミュニケーション ~ 伝える力 ~ | トップページ | そう思ったら・・・ »