2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 手を離さないで | トップページ | 焦る »

2011年6月29日 (水)

美しい日本語の響き

30度を超える気温と湿度の高さで

体も疲れやすいですね。

    

久しぶりのブログ更新です。

ブログ、ツイッター、フェイスブック・・・

時間は限られた資源ですので、

考えて使わなければいくらあっても足りません。

そろそろ整理をしなくてはと思っているところです。

 

もちろん、ブログは書き続けます。

2006年2月からブログは書き続けていますので、

辞められません!

「ブログ見ていますよ」という言葉を最近よく掛けていただくことが

私のモチベーション。しかし、もうちょっと更新しなくっちゃ、申し訳ないですね。

  

先週の日曜日に毎週楽しみに観ていたドラマ「仁 JIN」が最終回を迎えました。

心に残ったのは、咲さんが仁先生宛に書いた手紙の最後の言葉。

「お慕い申しておりました」

きっと男性の方は胸キュンですよね。

とても美しい日本語です。

 

20代の男性にお聞きしたところ

意味が分からなかったということ・・・。

「ストーリーから推測して意味が分かりました」とおっしゃっていました。(残念)

 

最近はほとんど聞かなくなった言葉ですが、

訪問先から退散する時に

「お暇(いとま)します」

  

風が強くて髪の毛が乱れている時に

「御髪(おぐし)が乱れています」

 

相手をつとめて一緒に飲み食いをする時に 

「私がお相伴(しょうばん)いたします」 

 

20年前、秘書の時代にはよく耳にした言葉でした。

とても美しい響きですね。

« 手を離さないで | トップページ | 焦る »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43487/40602684

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい日本語の響き:

« 手を離さないで | トップページ | 焦る »