2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 城戸智子さんの書展 inアクロス | トップページ | 筑後地区調停協会研修 »

2011年1月22日 (土)

気になる言葉

最近、気になる言葉・・・

お店で手書きの領収書をもらうときや

注文の品を繰り返す時に

「以上でお間違いがありませんでしょうか?」と言われる。

  

???

これって

領収書をもらうときに、頼んだ人のほうが間違っていないか

じっくり観察しなければならないのだろうか?

オーダーを受けた人が復唱するのをオーダーした人が間違っていないか

耳を澄ましてチェックしなければいけないのだろうか?

 

違いますよね。

領収書を書くときは、書く人がしっかり聞いて間違って書いてはいけないんじゃない。

聞いたオーダーを繰り返す時も間違ったらいけないんじゃない。

 

それじゃあ、何て言ったらいいの?

「領収書はこちらでよろしいでしょうか?」

「ご注文はこちらでよろしいでしょうか?」

←現在聞いているので現在形で。「よろしかったでしょうか?」は×。

 

どうしてわざわざ「間違い」というマイナスイメージのワードを使うのだろう?

よくわかりません。

« 城戸智子さんの書展 inアクロス | トップページ | 筑後地区調停協会研修 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気になる言葉:

« 城戸智子さんの書展 inアクロス | トップページ | 筑後地区調停協会研修 »