2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 旭山動物園の快挙 | トップページ | 季節の移り変わり »

2006年6月24日 (土)

医療機関の患者満足度向上

6月18日の日経新聞の記事に病院の患者満足度向上の記事が掲載されました。

  • フランス料理のシェフ三国氏の組み立てたメニューで、入院食の要件を満たしつつ素材にこだわった食事。
  • 待ち時間を短縮するために、インターネットから問診表をダウンロードし、書き込んで持参する仕組み。
  • 会計の際、患者さんが専用カードを提示すれば、後日銀行口座から引き落とされる仕組みなど。

「食事を豪華にする」「待ち時間を短縮する」ことは、確かに患者さんの満足度の向上に

つながるかもしれません。

しかし、

お辞儀の角度を決めたり、「患者さん」と呼ぶか、「患者様」と呼ぶかなんて、

はっきり言ってもっとどうでもいいことで、

精神的、肉体的に弱い立場である人に対して

気持ちに寄り添うことができるということのほうが大切なことではないか

感じています。

今日は眼科へコンタクトレンズの調子が悪いので行きましたが、

困っている患者さん(私です。)を労わるのではなく、

どちらかというと新しくできた○○プランなどの説明を一生懸命になさったので、

少し「いらっ」とした気持ちで帰りました。

「調子が悪くてお困りだったでしょう。」というような気持ちに寄り添う一言があれば、

きっと満足度は高かったはずです。

« 旭山動物園の快挙 | トップページ | 季節の移り変わり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43487/2351441

この記事へのトラックバック一覧です: 医療機関の患者満足度向上:

« 旭山動物園の快挙 | トップページ | 季節の移り変わり »